PARTNER CLUB及びオンラインショップは、
会員限定です。

PARTNER CLUB及びオンラインショップは、
会員限定です。

Column

コラム

エステサロンを経営するときの注意点|成功にはコンセプトが重要?

エステサロンの経営

エステサロンを経営する際には、どういったことに注意すれば良いのでしょうか?
本記事では、エステサロンを経営するときの注意点についてご紹介していきます。

エステサロン経営での注意点

個人でエステサロンを経営する場合の注意点について見ていきましょう。

代わりとなるスタッフが確保できない

代わりのスタッフを確保できないため、予約時のミス・ダブルブッキングなどが起きてしまいやすいという問題があります。
体調管理をきちんと行い、対応できない場合には次回の来店時に特典・割引を付けられるようなサービスを検討すると良いでしょう。

施術中に電話がかかってきても対応困難

エステ施術中に電話がかかってきたとしても対応が困難であるため、ネット予約式にする・留守電設定をする・着信があれば折り返すなどの対策を行うようにしましょう。

エステサロンの経営を成功させるには

エステサロンの経営を成功させるには

成功させるにはそれぞれのお客さんを大切にし、綿密なコミュニケーションを意識しながら信頼関係を築いていくことが重要です。
コミュニケーションを意識して行うことが、リピート率を高めることにつながります。

顧客に刺さるコンセプトの決め方

コンセプトの決め方

企業理念・目標を明確にする

自分のエステサロンの強みは何か・どんな人に対してどういった価値を与えられるか、を明確にすることが大切です。
「何を目指すのか」という項目を従業員間で共有することで、そのエステサロン全体のモチベーションを作り上げることにつながります。

ターゲット層を明確にする

自分のエステサロンのターゲット層を明確にすることも大切です。
ブレの無いコンセプトにするためには、ターゲットをはっきりと決めるところが非常に重要です。

スタッフ・お客様への認知も重要

スタッフにエステサロンのコンセプトを認知させることから始めましょう。
スタッフ間でのミーティングや打ち合わせなどで、コンセプトの経緯なども交えながら説明を行うようにすると良いでしょう。
また、お客さんにそのコンセプトを認知してもらうことも大切です。
エステサロンのホームページなどがあれば、コンセプトページを設けて外部のお客さんなどに情報発信するのがおすすめです。

おわりに

本記事では、エステサロンを経営するときの注意点についてご紹介しました。
経営し始める際に気をつけなければならないポイントはいくつかあります。
自分のエステサロンの企業理念・目標・こだわりなどを外部に上手く発信できるようにすると良いでしょう。