PARTNER CLUB及びオンラインショップは、
会員限定です。

PARTNER CLUB及びオンラインショップは、
会員限定です。

Column

コラム

エステとリラクゼーションの違いについて解説

エステとリラクゼーション

「健康・美容に関心が強い」お客様や、「マッサージを受けたい」というお客様の中では、エステ・リラクゼーションといった言葉に惹かれて施術を受けるという方も多いもの。
しかし、エステとリラクゼーションの違いについて明確に分かっているという方は少ないのではないでしょうか?
本記事では、エステとリラクゼーションの違いについてご紹介していきます。

エステとは

エステは美容と強い関係性があり、その目的としては「美しくなる」ということが挙げられます。
お客様が身体・肌のお悩み改善を行って、これまで以上に美しくなるということを目指しています。
オールハンド施術や機械施術など手段はさまざまですが、共通しているのは「美を追求する」ということなのです。

リラクゼーションとは

リラクゼーションとは

リラクゼーションは、あくまでもマッサージが主体となっています。
もみほぐしにも整体が関係することがあるのですが、マッサージを行うことでお客様に「癒やし」を提供するという形になるのです。

エステとリラクゼーションの違い

エステとリラクゼーションの違い

マッサージを行うという観点では、エステとリラクゼーションはほとんど違いが見られないのですが、実際にはさまざまな違いがあるものです。
エステは「美しくなりたい」「いつまでも若々しくいたい」といった願いを叶えるため、美容目的で行われる施術を意味しています。
それにより、ただ施術を受けるというだけでなく、自分に合った施術を選ぶということが何より大切になってきます。
一方で、リラクゼーションは「癒やし」「リラックス効果」といったものが目的です。

身体のコリ解消・自律神経の乱れを整える・疲れなどによる身体の不調を緩和させる、といった効果を期待することができるのです。
以上のように、エステとリラクゼーションには「利用目的の違い」があります。
ただし実際のところでは、「癒やし」のためにエステに通う方、「ダイエット目的」でリラクゼーションに通う方も珍しくありません。
そのため、これらはあくまでも一般的な定義としての違いであるということを理解しておくようにしましょう。

おわりに

本記事では、エステとリラクゼーションの違いについてご紹介しました。
エステ・リラクゼーションどちらの分野であっても、その前提として「お客様第一の気持ちを持って施術を行う」という意識を強く持たなければなりません。
その気持ちや意識をしっかりと持ったうえで、自分の希望・理想が叶う店舗を作りあげていくことが大切です。