PARTNER CLUB及びオンラインショップは、
会員限定です。

PARTNER CLUB及びオンラインショップは、
会員限定です。

Column

コラム

エステ機器はレンタルでそろえられる!購入・リースとの違いを解説

エステ機器はレンタル

本記事では、エステサロンを自宅で開業するメリットと注意点についてご紹介しました。
自宅でエステサロンを開業するにあたっては、メリットと注意点を知っておくことは必要不可欠です。
当記事でご紹介したポイントを押さえたうえで、開業を検討してみてください。

エステ機器はレンタルがオススメ

サロンにエステ機器を導入する方法はさまざまなものがありますが、中でも「レンタルする」方法がおすすめです。
お客様がエステサロンを選ばれる際、「自分が受けたい施術に対応している機器があるか」「新しい機器が導入されているか」は重要なポイントにあたります。
また、古い機器よりも新しい機器を導入しているサロンの方がこの要望を満たしやすいです。
レンタルであれば新しい機器の導入もしやすいため、長期的なコストを考えるとおすすめだと言えるのです。

レンタル以外の場合との比較

レンタル以外の場合との比較

新規購入

新しい機器を購入することで最新のサービスを提供できるため、アピールすることで集客効果を見込むことができます。
初期費用はかかってしまいますが保証が付いてくることが多いため、トラブルが起きても安心して対処できます。
一方、新しい機器は評判・口コミといったものが少ないので、購入前にその効果が分かりにくいというデメリットもあります。

中古機器の購入

新品の物に比べると、中古機器は安い金額で購入できるという点が魅力です。
ただエステ機器はあくまでも消耗品であるため、購入した時点で使い古されている場合も多いです。
また、サポート期間・保証期間が終了している可能性も高いため、注意しなければなりません。

レンタルとリースの違い

レンタルとリースの違い

レンタルの特徴

短期間の貸し出しが多いため、「いつもとは違う機器を使用してみたいけれど、効果が出るのか不安…」という場合におすすめの導入方法だと言えます。

リースの特徴

初期費用を抑えながらも新しい機器を導入したいという場合におすすめなのが「リース」です。
ただ、リースの場は長期契約が必要であるため、「使ってみたけれど合わなかった」「短期間でサロンを閉業することになった」という場合でも途中で解約できない点には注意しなければなりません。

おわりに

本記事ではエステ機器はレンタルでそろえるのがおすすめの理由と、購入・リースとの違いについてもご紹介しました。
エステ機器をレンタルすることで、気になっていた最新のエステ機器の効果を試すことができます。
注意点やほかの方法との比較検討も行ったうえで、レンタルによる導入方法を検討してみてはいかがでしょうか?